記事に目次をつける-Table of Contents Plus

記事に目次をつける効果

ネットサーフィンを行っていると、よくブログなどの記事丈夫にContentsと言う目次を見ますよね。これはこの記事にはこういった内容が書かれていますよ。と言う表示ですね

読者は検索サイトから、記事のタイトルとディスクリプションから、
大方の記事内容を把握して記事を読もうとします。

記事タイトルとディスクリプション(説明文)はとても大切です。

記事に到達したら読者が見るのは目次です。自分がほしい内容が書いてあるかどうか、面白うそうな内容なのか、自分に理解できる内容なのかを判断します。

記事のタイトル、目次の内容には統一したものにしなければなりませんし、読者がさらに記事を読み進めてい来たくなるような目次にした方がいいですね。

記事を読んでいただければ、ページにはとても役に立つ内容であるということがGoogleさんにもわかるのでページの評価もサイトの重要性も上がってきます。

目次をつけるデメリット

記事の内容がすぐに分かることによって、記事のタイトルがとても興味が引く内容であっても目次を見たら必要なことが書かれていないとわかってしまったら離脱する人も出てきます。

だから目次は必要ないという人もいますが

そうじゃないと思います。読者にとって役に立つ内容を提供することが私達ブロガーの約目ですから

ブログを特化型(何か一つについて詳しく書く)にして、記事には興味のあるタイトルで、かつ書いてある内容がすぐにわかる目次にしましょう

あくまでも読者さんが役に立つ内容をすぐ見つけやすくするという事がいちばん大切です。

すぐには書けませんよ

目次は大切だ、興味が湧いてかつ読みたくなる様なキャッチャーコピーを書かなくちゃいけない

となると、物おじして

手が止まってしまいますよね

わたしも悩んで手が止まってい舞うことは結構あります。でも書かなくてはいけない、だから書いてください失敗してもいいから記事を書き込んでいく事が大切です。

基本は

どういったタイトル、ディスクリプション、目次が良いか?考えながら記事を書いていく。意識をしながら失敗していくことが大切ですね。

目次の作り方の動画


動画では: ワードプレスの作成方法、運営方法、ブログの活用方法を初歩から説明しています。 また、ワードプレスをSNSで拡散方法、マーケティング方法もご説明しています。 ご興味のある方は、チャンネル登録宜しくお願いします IT@越前屋書店youtube
[sobo]

“記事に目次をつける-Table of Contents Plus” への1件のコメント

  1. A further discount to lower than 5% of total energy intake is usually recommended for extra health benefits (5).

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。