YouTube!「発想、視点を変える」です

トレンドは動画です、いち早くyoutubeで稼ぐ。

みなさんもYouTubeがトレンドと言うのはお気づきでしょうが

一般のかたが見るYouTubeは

トレンドなところを見つけて動画をアップする

そしてブログなどに誘導し

アドセンス又はアフィリエイトで稼ぐということを想像しますよね

でも、トレンドはすべて逆なのです。

ブログやHPを主軸として

TwitterやFacebookと

同じようにYouTubeを見ているなら

考え方を変えたほうがいいです。

YouTubeを軸として

ブログ、Twitter,Facebookを考えるべきです。

なぜならば、将来的に

検索数はYouTubeがトップになるからです。

そして、このYouTubeの分野が

ブルーオーシャンなんですね

ここで質問します。

企業がホームページを持っている会社と

YouTubeで動画をアップしている会社

どちらが多いでしょうか?

答えはホームページですよね

何を言いたいかというと

Googleさんが

「これから検索数はYouTubeが

トップになりますよ」

と言っているのに

会社はYouTubeで動画を配信していない

これはどういうことかというと

インターネットが出来てホームページが全然なかった時代

と同じなのですよ

需要があるが供給が少ない

Yahooカテゴリーが無料で登録できた時代です

それと同じ状況にYouTubeがなっています

YouTubeでアドセンスを取っていきましょう

というレベルの話でないのです

これからどっと押し寄せる波が

YouTubeに来ているんですよね

動画を作る会社はあります

SEOをやる会社もあります

動画もYouTubeSEOを行える会社はありません

動画をどうやって検索上位に上げていくか?

それを行える会社がありませんね

そこにどれだけ大きな仕事があるか想像できますよね

動画を作成する会社もいるだろうし

動画をアップする会社も必要でしょうし

動画をトップに表示するコンサルタント会社も必要でしょう

企業がどれだけテレビコマーシャルにお金をつぎ込んでいるか

皆さん知っていますよね。

最近YouTubeに企業がCMを入れているの知っていますよよね

YouTubeに広告としてなら莫大なお金が必要ですが

YouTube検索でトップ表示出来ますよ

という会社があれば

むふふふふ、状態で儲かりまっせ-、笑

簡単な例を挙げると

名古屋に特化したYouTubeを作るとします。

観光、飲食店、バー、企業

それらをドシドシアップしていきます。

どういうことが起こるかというと

地方のテレビ局以上の存在になれるということです

なぜならば、YouTubeには字幕に翻訳機能があります

当然、ジャパン大好き外国人がそのページに訪れる

というわけでよね

情報を映像付きでビシバシ流せば

人、物、流通が生まれます。

そこに金銭が発生して当たり前の状況になります

アドセンスを獲得もいいけど

将来的展望の度合いが桁違いですよね

地方の情報だけではありません

ヨガ、寿司、ラーメン、畳職人、カツ丼屋さん

世界が日本に注目しているのに

YouTubeをホームページとして

配信している人が少ない

統計をとって戦略的に

行動してる人が居ない状態です

GoogleもYouTubeに今後力を入れています

YouTube自体がFacebookページのように

ホームページになっています

私は10年前から動画を作成してきましたが

今がまさに検索が大きく変わろうとしています

YouTubeのトップ表示を狙うには

1,タイトル

2,説明文

3,タグ

4,視聴時間

5,その他

が必要になってきます

こんな簡単な事さえ

殆どの人が知りません

タイトルだけでも違ってきます

トレンドブログでは

ニッチキーワードを狙いますが

YouTubeは違います、マスメディアなのです

タグにしても・・・

説明文は・・・

ここの説明は長くなるので省略します

YouTubeにはまだまだ

秘密があります、面白いですよ

では、近況と説明でした。

YouTubeの勉強にはこちら


動画では: ワードプレスの作成方法、運営方法、ブログの活用方法を初歩から説明しています。 また、ワードプレスをSNSで拡散方法、マーケティング方法もご説明しています。 ご興味のある方は、チャンネル登録宜しくお願いします IT@越前屋書店youtube
[sobo]

コメントは受け付けていません。